陰陽五行研究家が伝授する究極の開運法

02.気学と手帳の意義

  • HOME »
  • 02.気学と手帳の意義

02.気学と手帳の意義

毎年、年末になると書店に高島暦という数種類の暦本が並び、誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか。

 

その中で個人の運勢は読まれていますが、方位盤に記載されている吉凶方位の意味を詳しく知り、取り入れている方は多くはないと思います。

 

なんとなく方位に「吉方位と凶方位があるみたいだ」と感じていても、実際のところ、理解し、実行するのはなかなか難しいです。

 

方位を意識して日々生活するということは、人の開運に大きな影響・効果を与えます。

 

私も自分自身で吉方位を活用し、人との鑑定を通して吉方位をアドバイスした結果、驚くほどに効果が表れています。

 

「なぜ、こんな素晴らしいものがこれまで多くの人に伝わっていないのか?」とても疑問に思い、その理由を私なりに考えました。

 

気学が広まらなかった4つの理由

①方位学という学問が難解でわかりづらい。

②鑑定やアドバイスを受けるのに、時間やお金がかかる。

③気学について知識を持っていないので、時間と労力とお金をかけても良いことが起こる確信がなく、なかなか行動できない。

④せっかく良い方位へ行っても(吉方位取りをしても)、すぐに効果が現れないので継続できず、その良さがわからないまま興味がなくなる。

 

これらの理由から、一部の人々の間にしか広まっていないのではないかと考えました。

 

大吉手帳では、このような問題点を全て解決し、成功する手段として、九星気学と金函玉鏡の2つの占術を合わせて鑑定することにしました。

 

複雑な気学を、誰もが簡単に生活に取り入れられるよう、できるだけわかりやすい言葉で、そして方位をカレンダーに表示することで、使いやすく、精度が高く、カスタムメイドな吉方位取りが可能となりました。

 

※吉方位効果を最大限に得るために方位学の知識と現象をお伝えするメルマガ

安定充実した仕事運・金運・恋愛運・結婚運・家庭運・健康運・人間関係の秘訣とツキに恵まれた幸福人生を送るポイント!

 

「吉方位活用術無料メール講座」のメルマガ
2.吉方位活用メール講座・バナー

PAGETOP
Copyright © よこやまみちよのゆめ開運塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.